未成年19歳でも借りれる金融会社ある? どうしても借り入れしたいなら

 

未成年19歳でも借り入れできるローンを探している方は多いですが、

 

原則として未成年キャッシングはほとんどないので、20歳になるまで待つのが得策でしょう。

 

必然的に未成年キャッシングは学生ローンとなりますが、

 

この場合も借り入れ可能年齢は20歳以上とするのが基本です。

 

19歳に対応しているローンは非常に少ないのが現実です。

 

学生街のローン会社をすべて当たれば18歳や19歳で借り入れできる会社が見つかることもあります

 

しかし、未成年キャッシングに対応している業者は金融機関全体の1%にも満たないのが現状です。

 

クレジットカードは18歳から利用できます。

 

ローンも同じ感覚で契約できると考える方が多いようですが、実際はクレジットカードよりもワンランク上の信用力を求められ、

 

利用開始年齢は20歳以上とするのが普通です。

 

社会的に責任を取れて、安定した収入を得ていることが最低条件のため、

 

年齢は20歳以上に設定されています。

 

学生ローンと呼ばれるタイプも9割以上は20歳以上の設定になっているので、

 

未成年の時点ではお金を借りることをせずに、両親から工面してもらうのが一般的です。

 

 

都市部の学生街には未成年キャッシングの会社が存在する可能性も高いですが、

 

安定収入は必ず求められるのでバイトをしていることが前提となります。

 

学生という条件だけでは貸してもらえず、必ず借り入れる金額に対して返済する能力を求められるのです。

 

駅前の学生ローンの業者は消費者金融に分類されるので、

 

原則として借り入れできる金額は年収の3分の1以内となり、それを超えて借りるためには年収を増やす以外にありません。

 

月収3万円の学生なら年収計算で36万円となりますから、その3分の1である12万円が融資上限となります。

 

学生ローンが借りる安全ラインは10万円とされていますが、

 

これは勉学に影響しない程度の仕事で返済できる金額を考慮して決められています。

 

大手消費者金融にも学生に対応したローンがありますが、

 

専業主婦と比較しても融資限度額は低くなっていることが多いでしょう。

 

一般的に融資限度の相場は専業主婦30万円、学生10万円となり、学生が最も低くなっています。

 

専業主婦は原則として無職・無収入であることが条件であり、

 

本来であれば学生よりも返済能力は低くなるはずです。

 

ただし、配偶者の年収を審査基準にできるので、学生よりも高額の融資を受けることができるわけです。

 

未成年でお金を借りたい方は、

 

ネットで18歳、19歳の融資に対応した学生ローンを探すのがいいでしょう。

 

もし見つからない場合はバイトをして収入を得つつ、20歳になるまで待つようにします。

 

バイトをして勤続年数を重ねておけば、

 

20歳の誕生日になってローン契約をするときに有利に働くでしょう。

 

バイトは職歴にならないと考える方もいるでしょうが、働いたという履歴は残りますし、

 

何よりも収入を得ていたことは審査では好条件となるので、

 

キャッシング、融資を受けられる可能性は高くなるでしょう。

 

勤続年数1ヶ月の状態よりも、1年のほうが確実に審査で優遇されるのは間違いありません。

 

未成年キャッシングに申し込みする場合は、

 

親の同意が必要になることが多いので、ここはよく確認しておいたほうがよいです。

 

同意を得るときに親にバレることになるので、ローンの利用を親に隠しながら借りることは難しいでしょう。

 

学生が借りられる金額は10万円程度と少ないこともあり、この場合は親がお金を工面してくれることが多いようです。

 

いずれにしても未成年でお金を借りるのは難しいため、

 

自分でバイトをして稼ぐか、一時的に親から借りるという方法が得策でしょう。

 

20歳以上になれば成人になるため、自己判断でローン契約が可能となり、親の同意を得る必要はありません。

 

未成年だけど今すぐお金が必要 即日キャッシングできる?審査と在籍確認

 

未成年は原則としてお金を借りることができないので、即日キャッシングは無理だと考えておくのが得策です。融資を受けるためには信用力という担保が必要となり、この担保は返済能力を指しています。ローンを利用するときには必ず審査があり、審査のないローンは存在しません。もし審査なしというローンがあるとすれば、それはすべて悪徳業者と考えてよいでしょう。審査を通過するためには最低条件として20歳以上、そして安定的な収入があることが必須となります。未成年で安定収入があっても借りることはできませんし、20歳以上でも無職だと借りることができません。20歳以上で安定収入という2つの条件を満たすことが最低条件です。

 

審査の申し込みをすると在籍確認が90%以上の確率で行われます。最近は在籍確認なしの業者も登場していますが、全体的に見ればまだ少数派です。また原則として在籍確認を不要とする業者の場合も、必要に応じて確認する旨を記載していることが多いです。そのため在籍確認は100%あると考えて心の準備をしておくのが得策でしょう。確認をされて困るという人は、必ずそれなりの原因があるはずです。例えば無職の状態で仕事をしていると嘘をついている方なら、在籍確認をされると100%嘘がバレてしまいます。申込時に記載した内容が事実であれば、在籍確認をされても心配はいりません。仕事をして安定収入を得ているなら、会社に確認の電話をされても問題はないはずです。業者は個人名で連絡を入れてくるので、キャッシングの利用だとはバレません。

 

そもそもキャッシングは個人向けのローンですから、プライバシーは重視されています。業者側としてもバレないように配慮してくれますし、最近は街金もプライバシーを重視しているところが多いです。金融機関名を名乗って在籍確認をされると100%ローンの利用だとバレますが、この辺の教育は徹底されているので最近はその心配は不要になっています。ただし借入後に延滞を繰り返していると、金融機関名で連絡を入れられる可能性があるので注意してください。健全に利用していればバレる心配はないので、延滞だけはしないようにしましょう。延滞は一気に信用力を落としてしまう行為なので、たとえ1日でも遅れるのはよくありません。何度も遅れていると要注意と判断されて、限度額を減らされてしまう可能性もあります。信用力を維持するためにも、返済期限より早めに返済する癖をつけるのが好ましいです。

 

未成年だけど今すぐに借りたいという場合は、未成年に対応した学生ローンを探してみるのも手です。学生ローンの中には保護者の同意を得ることで、20歳未満でも借入できるローンが一部にあります。

 

保護者の同意なしでは未成年は不可なので、ここは妥協するしかありません。自己責任で家族に相談することなく借りるためには20歳以上であることが必須になります。つまり18歳や19歳でキャッシングを利用する場合は家族にバレることになります。それを考慮した上で申し込む必要があるため、事前に家族とよく相談しておく必要があるでしょう。多目的ローンにはマイナスのイメージを抱いている方が多いですが、計画的に利用すれば非常に便利です。クレジットカードは18歳から使用できるものが多いので、将来的にキャッシングの利用を考えている方はクレジット契約をしておくのがいいかもしれません。

 

クレジットカードの審査はローンほど厳しくはなく、利用実績を積み重ねる上で役立ちます。初めてローンを利用する方は利用履歴がないのでホワイトと判断されますが、これは必ずしもプラスの意味合いではありません。履歴がないので金融機関側としては利用者の返済能力・傾向などを把握することができないのです。クレジットカードの利用履歴が健全であれば、ローンの審査でも有利に働くでしょう。金融商品の利用履歴を作っておくことは将来的にも有利に働くので、18歳でクレジットカードの契約をしておくのはよいことです。一括・2回払いは利息が発生しないので、カード払いのメリットを特に実感しやすいはずです。

 

未成年は原則として即日キャッシングはできませんが、一部の学生ローンならチャンスはあります。ただし借入するには保護者の同意が必要ですし、融資は保護者の返済能力によって決定されます。原則として消費者金融ローンは年収の3分の1までしか借りることができません。それ以上を借りるためには年収を増やすしかありませんし、何より初回融資では年収の2割も借入できれば多いほうです。未成年が保護者の同意を得てお金を借りる場合も、30万円以内になると考えておくのが得策です。

 

未成年には最高10万円の融資と決めている金融機関もあるので、10万円以内になると考えておくのが無難ではあります。お金を借りて使うときは楽しいものですが、返すときになって大変さを実感します。借りすぎないことが大切なので、バイト収入で返済できる範囲で借りるようにしてください。

トップへ戻る